RSS | ATOM | SEARCH
講演「チベット仏教美術の世界 - チベットの釈迦仏伝図」(3/29)に感動
先々週の土曜日3月29日には、今回のタンカ展の田中公明先生の3回目そして最後の講座、チベットの釈迦仏伝図の講座が開催されました。

講演「チベット仏教美術の世界 - チベットの釈迦仏伝図」
-釈迦仏伝図の各種様式など。展示している各タンカの解説含む
講師:田中公明
日時:(第三期)3/29(土) 17:30〜19:30

釈迦仏伝図(第三期)の降魔・成道の図

講演は、仏伝図の描かれ方、八大仏塔についてなどのお話や、今回展示しているデルゲ版仏伝図九幅セット(ゼーパ・グタン)、デリーのチベットハウスに伝わる珍しい仏伝図、多田等観がダライ・ラマ十三世から遺言で贈られた釈尊絵伝についてなどなど、大変興味深い話ばかりでした。田中先生は釈迦仏伝図での講演は初めてとのこと、「ネタおろし」と言われていましたが、これがとても素晴らしく、この内容でお願いしてよかったとつくづく思いました。

なお、デルゲ版仏伝図九幅セット(ゼーパ・グタン)というスタイルの釈迦仏伝図のタンカに解説をつけていて参考にした、白水社から出ている『チベット仏教美術―藤田弘基写真集』に掲載されているゼーパグタンの絵の田中先生の解説と、『徳格印経院蔵伝木刻版画集』のチベット語と中国語で書かれた解説で、絵の順序が多少異なっていたのですが、その違いもよくわかりました。

終わった後には、これまでの絵師の方とは流儀も違う絵師の方に描いていただき届いたばかりのヤマンタカのタンカについても、いろいろ解説してくださりまた感動。また、別のテーマでもぜひお願いしたいと思ってます。(M)
 
author:kawachen, category:カワチェン関連, 02:40
-, -, - -