RSS | ATOM | SEARCH
角幡唯介スライドトーク『雪男は向こうからやって来た』(10/1)
『雪男は向こうからやって来た』の出版(8月26日)を記念してノンフィクション作家、探検家の角幡唯介さんに雪男捜索隊などのスライドトークを行っていただけることになりました。
トークと質疑応答の後には書籍販売とサイン会も予定しています。
(角幡さんは、2008年頃カワチェンでチベット語を習われました。)


(2008年、ネパールにて雪男が現われるのを待つ著者)

角幡さんは前作『空白の五マイル − チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で、第8回開高健ノンフィクション賞受賞(2010年)、第42回大宅壮一ノンフィクション賞受賞(2011年)、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞(2011年)を受賞されています。

受賞後第一作となる『雪男は向こうからやって来た』は、第7回開高健ノンフィクション賞で最終選考に残り、審査員のかたがたから好評価を得た作品に大幅な加筆修正をくわえたものです。

角幡さんのブログ
ホトケの顔も三度まで

角幡唯介スライドトーク『雪男は向こうからやって来た』


雪男は向こうからやって来た(集英社)



日時:2011年10月1日(土) 14:00〜16:00頃(開場13:40)
会場:東京都品川区小山4-9-15 唯称寺2F 
定員:70名(前日までに要予約 定員になり次第締め切り)
参加費:1,000円

詳細やお申し込み方法はこちら(カワチェン イベント)をご参照ください。

関連情報
・8月27日には、NHK BSプレミアムの週刊ブックレビューの特集に出演されるそうなのでBSが見られる方はお見逃しなく。
・ナショナルジオグラフィック日本語版公式サイトで、先日の北極圏の徒歩行関連の集中連載「北西航路」も始められました。
・9月23日に地平線会議(http://www.chiheisen.net/)で北極圏の徒歩行関連の報告があります。(M)

author:kawachen, category:角幡唯介さん関係, 02:21
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.kawachen.org/trackback/697191