RSS | ATOM | SEARCH
[舞台]眠れぬ雪獅子(10/21~)
この秋、「眠れぬ雪獅子」というチベットを題材としたミュージカルが東京、富山、兵庫で上演されるようです。

以下、主催・企画・製作のTSミュージカルファンデーションのホームページより一部転載させていただきます。どんな感じか想像がつきませんが、フライヤーの写真では、なかなかチベットの雰囲気出てます。ぜひ拝見したいと思います。(ちなみに黒帽子の踊りはチベットの宗教舞踊 ツェチュのチャム(DVD)の商品説明の下の中央の写真です。)(M)

http://www.tsmusical.com/stage/

「黒い帽子の踊り」―それは、チベットに伝わる“悪霊を鎮める祈りの舞い”であったが、9世紀、仏教を弾圧した暴虐王ラン・ダルマを暗殺するために、僧侶のラルンが踊り手の一人に扮して忍び寄ったことで伝説の踊りとなり、ラルンは王を殺して、自ら“眠りを殺した男”となった。
そして1951年。東チベットの古都チャムドで旅芸人のテンジンは詩人のドルジェと出会い、乞われるままにこの踊りの手ほどきをする。行く手に待ち受ける大きな黒い影と、その影に翻弄される二人の運命も知らぬまま。
チベットの人々の心に根付くターラ菩薩の光が二人を正しき道へと導くのか…。

<東京公演>2011年10月21日(金)〜30日(日) 世田谷パブリックシアター
<富山公演>2011年11月1日(火) 富山県民会館 大ホール
<兵庫公演>2011年11月5日(土)・6日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

【キャスト】
東山 義久、伊礼 彼方、小西 遼生、今井 清隆、保坂 知寿

照井 裕隆、滝沢 由佳、小野 妃香里、小林 遼介、中塚 皓平、麻尋 えりか、上口 耕平、山田ジルソン

足立 公和、猪原 伸浩、室伏 崇、川口 倫裕、原 謙司、溝渕 俊介、
岩田 国大、黛 一亮、遠山 大介、松岡 雅祥、脇田 伸悟、榎本 成志

【スタッフ】
構成・演出・振付/ 謝 珠栄
脚本/大谷 美智浩
音楽/玉麻 尚一
ミュージカル台本/T.S
作詞/謝 珠栄
振付/張 春祥、平澤 智  アクション/渥美 博
美術/松井 るみ  照明/小川 修  衣裳/西原 梨恵  音響/山中 洋一
歌唱指導/満田 恵子  映像/クレイフィールド  ヘアメイク/趙 英
舞台監督/浅沼 宣夫
[東京公演]提携/公益財団法人せたがや文化財団、世田谷パブリックシアター  後援/世田谷区
[富山公演]主催/イッセイプランニング
[兵庫公演]主催/兵庫県、兵庫県立芸術文化センター
主催・企画・製作/TSミュージカルファンデーション

【一般発売日】
[東京公演]2011年7月9日(土)

【チケット料金】
[東京公演]S席9,500円・A席6,000円
===
舞台稽古の様子
http://enterminal.jp/2011/10/yukijishi2/

author:kawachen, category:チベット関連イベント, 17:58
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.kawachen.org/trackback/697188