RSS | ATOM | SEARCH
東京フィルメックス 最優秀作品賞 『オールド・ドッグ』 祝受賞
第12回 東京フィルメックス・コンペティションにおいて、ペマ・ツェテン監督の「オールド・ドッグ」が最優秀作品賞を受賞されました。

pema tseden

来日されていたペマ・ツェテン監督、プロデューサーのサンジェ・ジャンツォさん、この映画製作にかかわられた方、本当におめでとうございます。

1回目の11月21日の上映のあと、急きょ企画され、23日に都内で別途開催されたペマツェテン監督作品緊急上映会で拝見させていただいた過去の作品(「草原」、「静かなるマニ石」)も素晴らしいものでした。まさに、そうそう!というチベットの生活が描かれていました。もう1本予定されて時間切れで見られなかった「ティメークンデンを探して」も機会があればぜひ拝見したいと思います。また、ペマ・ツェテン監督の映画などに関する情報が得られましたら、ぜひここでもご紹介させていただきたいと思います。

監督は、映画製作を始められる前から多くの小説も書かれているとのこと、そちらも機会がぜひ読んでみたいのですが、誰か訳してくださらないかな...。

私の周りでも見逃して大変残念という声を多く聞いています。どこかで上映/放映の機会があり、この映画や、過去の監督の作品が少しでも多くの方に見ていたただけることと、監督が今後もこのように素晴らしい映画を作り続けられるよう心からお祈りいたします。東京フィルメックスのスタッフの方々、運営お疲れさまでした。ありがとうございました。(M)

第12回 東京フィルメックス・コンペティション (受賞結果含む)
http://filmex.net/2011/compe.html

最優秀作品賞
『オールド・ドッグ』(監督:ペマツェテン)
(中国/2011年/88分/カラー)
副賞として賞金100万円が監督に授与されます。
【受賞理由】
これは何もない場所にある静寂と雰囲気を捉え、登場人物の心の中に入り込んだ作品です。非常に真摯な手段で文学から映画への移行が行われています。私たちに、この地域そしてその人々の生活を経験させてくれるものです。

第12回 東京フィルメックス デイリーニュース 審査員会見
http://filmex.net/dailynews2011/2011/11/post-19.html

第12回 東京フィルメックス デイリーニュース 閉会式http://filmex.net/dailynews2011/2011/11/post-20.html

第12回 東京フィルメックス・コンペティション 「オールド・ドッグ」Old Dog/ Khyi Rgan
http://filmex.net/2011/fc03.html

監督 (ペマツェテン (Pema TSEDEN))
ムービー (11/21『オールド・ドッグ』Q&A)
ニュース (『オールド・ドッグ』ペマツェテン監督Q&A)

映画『オールド・ドッグ』が東京フィルメックス・グランプリに(ぴあ映画生活)
映画『オールド・ドッグ』が東京フィルメックス・グランプリに(ぴあエンタメニュース asahi.com)

『第12 回東京フィルメックス』、チベットの現状を描いた『オールド・ドッグ』が最優秀作品賞 (oricon style)

東京フィルメックス、新世代台頭 映画への野心と慎み深さ(日本経済新聞)

ペマツェテン監督作品 2003-2011

===
(2011/12/16追記)
クロージングセレモニー(表彰式含む)の様子がアップされていました。

11/27第12回東京フィルメックス・クロージングセレモニー(youtube)

author:kawachen, category:チベット関連映画, 13:48
-, trackbacks(0), - -
[映画]陽に灼けた道

アジアフォーカス 福岡国際映画祭(2011年9月16日-25日)にて上映されたアムドの監督の映画です。東京方面でも見られる機会があることを強く望みます(M)。


陽に灼けた道 / The Sun Beaten Path
http://www.focus-on-asia.com/lineup/film_17.html

邦題 陽に灼けた道
英題 The Sun Beaten Path
原題 太阳总在左边
製作国 中国/China
監督 ソンタルジャ
出演 ニマ:イシ・ルンドゥプ(益西兰周)
   老人:ルジェ(罗后杰)
   兄:カルザン・リンチェン(尕藏仁青)
製作年 2010年
分数 89分

あらすじ

まもなく花婿になるニマと彼の兄は、帰宅する母を迎えに四つ辻へと向かった。彼らの母親は街にいる娘を訪ねた帰りだった。Gabeはバイクの後部座席に母親を乗せて、ニマは小型トラクターでその後に続く。ここでアクシデントが。不幸にも母親の帯が落ちて、バイクの後輪に絡まってしまったのだ。Gabeが止める間もなく、母親はバイクから落ちてしまう。バイクは土ぼこりとニマを残して走り過ぎる。まだ運転が未熟なニマはバイクから落ちた母親をトラクターではね、死なせてしまう。

この悲劇によりニマは悲しみと自責の念に深くとらわれる。彼は自分自身を許せなかった。警察に自分を有罪にしてもらおうとするが、警察は母親の死は事故だと判断する。深い喪失と悲しみ、そして母親の血の混じった一握りの土とともに、ニマは故郷と恋人を後に残し、ラサに向かって巡礼の旅に出る。

長く苦しい旅…時も距離も献身的な祈りも彼の苦悶を取り去ることはできなかった。どうしようもない状況の中で、彼は家路につこうとするが、故郷への道半ばにして車を降りてしまう。そして出会ったのが、娘の結婚式に出た後、残された人生への期待をなくし、空虚さととまどいを感じている一人の老人だった。老人は、奇妙な行動をとる若者に興味を持ち、彼にかかってきた電話で彼の悲しみの原因を知る。そして、この若い男について行こうと決心をする。2人は広大なゴビ砂漠を一歩一歩進んでゆく。彼らの長い旅路で、老人の辛抱強く親切な諭しと、分別ある言葉は若者の態度を徐々に変えてゆく。老人と別れた彼が見つけたものは事実と向き合う勇気を持つ自分自身の姿だった。
===
香港国際映画祭では『陽に灼けた道』は『オールド・ドッグ』とともに受賞http://blog.sina.com.cn/s/blog_78027ada0100pscg.html
===
こんなニュースも...。観たいなあ。(M)

「第30回バンクーバー国際映画祭」で10月6日、アジア部門の新人監督作品に贈られる「ドラゴン&タイガー賞」授賞式が行われ、チベット人のSonthar Gyal監督作品「The Sun-Beaten Path」が大賞を受賞、永野義弘監督の「Recreation」とフィリピン人のEduardo RoyJr.監督の「Baby Factory」が特別賞を受賞した。(以下略)
http://vancouver.keizai.biz/headline/1359

author:kawachen, category:チベット関連映画, 18:06
-, trackbacks(0), - -
[映画]オールド・ドッグ(Khyi Rgan)

アムドのチベット人監督による作品です。以前観たテレビの特集では、チベッタン・マスチフは1000万円以上で取引されることもあると言っていた気がしますが、最近は3000万円以上というのもあるようです。犬専用のガードマンがつくこともあるとか。ぜひ拝見したいと思います。(M)


『オールド・ドッグ』 Old Dog / Khyi Rgan

中国 / 2011 / 88分
監督:ペマツェテン (Pema Tseden)
【作品解説】
 都市開発が進むチベット。富裕層に高く売れる種類の犬を飼っている老人は、
犬を売ろうとする息子に反発し、いったん売られた犬を強引に連れ戻す......。
頑固な老人とその犬を描きつつ、チベットの現状を表現した作品。チベット人監
督ペマツェダンの監督第3作。

 第12回東京フィルメックス(2011年11月19日-27日)にて上映予定。http://filmex.net/2011/fc03.html

ペマツェテン監督のインタビュー
Trace Foundation interviews director Pema Tseden 
==
オールド・ドッグの上映は、11月21日(月) 18:50と、11月25日(金)10:50より。前売券は"チケットぴあ"にて、11月3日(祝・木)より発売
http://filmex.net/2011/schedule.html
==
『オールド・ドッグ』 は最優秀作品賞を受賞しました。くわしくはこちら

author:kawachen, category:チベット関連映画, 14:49
-, trackbacks(0), - -
[映画]転山(KORA)

チベット関連映画のご紹介です。
KORAというのは、コルラ。聖地の周りを巡礼して歩く行為をさします。(M)


転山
KORA [ 转山 ]

©TAIHE UNIVERSAL FILM INVESTMENT CO.,LTD
90分 北京語、チベット語、台湾語 Color | 2011年 中国

http://2011.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=15

監督:ドゥ・ジャーイー

作品解説
台北出身の青年が、兄の遺志を継ぐべく、中国本土に渡り自転車でチベットのラ
サを目指す。出会いと別れ、自然との闘い、そして自分との葛藤を繰り返し、青
年は目的地へ向かう。過酷な通過儀礼を迫力の映像で描く、青春の成長物語。

第24回東京国際映画祭(2011年10月22日〜30日) コンペティション部門にて上映。
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 10/24 14:20-, 10/27 18:00-
===
[追記]転山は最優秀芸術貢献賞を受賞されました。おめでとうございます。

第24回TIFF最優秀芸術貢献賞受賞!――10/24(月)コンペティション『転山』:Q&A
http://2011.tiff-jp.net/news/ja/?p=6903

author:kawachen, category:チベット関連映画, 14:33
-, trackbacks(0), - -